屋根リフォーム 岡山

自宅の屋根、最近チェックしていますか?

大切なマイホームだからこそ、長く快適に住み続けていきたいですよね。
ただ、住宅は年月が重なっていくとどうしても不具合が生じてしまう箇所が増えてきてしまいます。
定期的にきちんとメンテナンスを行い、リフォームを行うことで家を長持ちさせていくことが大切です。

 

家にとって重要と言える箇所のひとつに、屋根があります。
屋根は常に直射日光を受けており、雨や風など外からのさまざまな刺激を最も受けています。
だからこそ他の箇所より劣化が進みやすく、不具合もたくさん生じやすいのです。

 

屋根そのものが良い状態でなければ、雨漏りが生じたり、色あせて見た目が貧相なイメージにもつながりかねません。
定期的に屋根を修繕工事したり、リフォームすることは、家そのものを健康に保ち、長く快適に住み続けられることにもつながるので、不具合を発見したときは早急に対処しましょう。

 

ただ、屋根のリフォームとなると大規模な工事となってしまうため、予算や工期を気にする方もいらっしゃるでしょう。
最近では、既存の屋根に重ねてリフォームできるプランがあります。
屋根の素材をはがすことなく、重ねるように新しい素材を乗せていくので、工期も短く、経費も節約することができるので、気軽にリフォームすることができますよ。

 

屋根の面積は大きいので、色や素材が変化することで、新しい家に感じられるのもメリットのひとつです。
最近、屋根をきちんとチェックしていないなという方は、一度外に出て自宅の屋根を観察してみてはいかがでしょうか。

屋根で室温と耐震が変わる!

夏になると蒸れるように部屋が暑くなり、エアコンをいくら稼働しても涼しくならない。
そのような悩みがある方は、屋根をリフォームすると解決できますよ。
実は、屋根の素材によって部屋の環境は大きく違ってくるのです。
屋根は、雨や風、光から家を守ってくれる存在です。
だからこそ、きちんと機能していなければ住環境に大きく影響してきます。

 

例えば、屋根の素材に遮熱性・断熱性の高い素材を使用することで、部屋の温度が急上昇することを防いでくれます。
屋根そのものが太陽の熱を蓄積しないため、その温度が部屋に伝わらないからです。
部屋が暑くなりにくいことから、エアコンの効きも良くなりますし、設定温度を低くしても快適に過ごすことができます。
結果的には、光熱費の節約にもつながるのです。

 

また、屋根の素材の重さにも注目することで家の耐震性を上げることもできます。
屋根に重い素材を使用していると、地震が発生して揺れが起きたとき、重心が高くなってしまうため家の揺れる幅が大きくなってしまいます。
しかし屋根に使用する素材を軽くすると、揺れる時の重心が低くなるため、揺れ幅を最小限に抑えられることができるので、家が傷んだり倒壊する危険性も低くなるのです。

 

このように、屋根をリフォームすることで、部屋の温度が急上昇することを防いだり、耐震性を上げることができます。
大規模なリフォーム工事は大変ですが、屋根だけのリフォームなら予算も押さえて工事期間も短くて済みます。
住む人にとって家は重要な存在だからこそ、屋根について考えてみてはいかがでしょうか。